酒井・蔵合国際特許事務所

ご挨拶
当事務所の前身である黒川特許事務所は1941年頃、特許事務所として発足しました。その後、事務所を引き継いだ酒井一は、事務所の安定化および継続性を確固たるものにするため、1977年に兼坂内外特許事務所と、2000年に蔵合特許事務所と合併し、酒井・蔵合国際特許事務所(KANESAKA&SAKAI)としての歩みをスタートし、現在に至っています。
当事務所では、内外国における特許及び実用新案の出願から権利化までの一切の事務はもちろん、知的財産権に関する調査や管理及びコンサルタント業務、訴訟・鑑定まで幅広く手掛けておりますが、特に外国出願と訴訟事件に豊富な経験があることが特徴です。
日本企業のグローバル展開が進み、ビジネスの競争相手や協力者が国内に留まらなくなったことに連動して、その発想やブランド価値を守る知的財産の世界にも国際化の波が押し寄せています。私たちの使命はこうした時代の中で“知的財産権の活用”における法的安全を確保し、国内外のビジネス活動をサポートすることです。決して傍観者になることなく、企業や個人発明家の方々と共に知的財産の真の意義やそのあり方を追求していきたいと考えております。
私たちはこれからも知的財産権を通じて社会に貢献し、皆様に満足して頂けるよう特許業務の遂行に邁進してまいります。
特許出願等に関しては、東京都新宿区の酒井・蔵合国際特許事務所にお問い合わせください。
インフォメーション
2016.09 事務所が移転しました。
2014.12 国内外商標意匠事務員募集しております。 ≫≫詳しくはこちらからご覧ください≪≪
2010.08 サイトオープン致しました。
酒井・蔵合国際特許事務所
160-0022 東京都新宿区新宿5-10-6 能登瀬ビル4F
TEL:03-6226-5751 / FAX:03-6226-5808・5809

KANESAKA & SAKAI
5-10-6 Notose Bld.4F, Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, 160-0022, Japan  【MAP
Tel:+81-3-6226-5751 / FAX:+81-3-6226-5808/5809
Copyright (C) 2010 Sakai & Zogo International Patent Office All Rights Reserved.